広島本社 
〒731-3165 
広島市安佐南区伴中央5-16-19
TEL:082-848-8448 FAX:082-849-2273 

東京支社
〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目14-12銀座第1ビル2F
TEL:03-3542-8333 FAX:03-3542-8338 


go_english.png

01.jpgslider04.jpgslider05.jpg




本社移転のご案内

いつも大変お世話になっております。
この度、株式会社RISE Corporation広島本社は、令和2年2月17日をもちまして下記に移転することとなりました。

これを機に皆様のご期待にさらにお応えできるようなお一層鋭意努力してまいりま
す。
今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

■新住所
〒731-3165
広島県広島市安佐南区伴中央5丁目16-19

■新電話番号
TEL:082-848-8448

■新FAX番号
FAX:082-849-2273

■新事務所での営業開始日
2月17日(月)午前9時


 

無公害人工芝充填剤Geofillを導入!

MLBテキサスレンジャーズホームスタジアムにGeofillの導入が決定しました

詳しい資料が入手できましたので以下にご紹介します。

texasrangers.jpg

2020年3月に開場予定のグローブ・ライフ・フィールド (画像:Texas Rangers)

アメリカのプロ野球、メジャーリーグ・ベースボール(MLB)のテキサス・レンジャーズは、現在建設中の新ボールパークに特注の人工芝を敷設すると発表した。
2020年3月に開場予定のグローブ・ライフ・フィールド(41,000席)は、巨大な窓や可動式屋根が特徴的なボールパークで、球団はこれまで天然芝を敷設する意向を明かしており、方針を転換したかたちだ。レンジャーズは選手の安全、チームのパフォーマンス、ファン体験などの観点から、2年間にわたる調査を実施した結果、人工芝の敷設を決定したとしている。

人工芝のフィールドはショウ・スポーツ・ターフ(Shaw Sports Turf)社の製品を採用し、地元テキサスに拠点を置くパラゴン・スポーツ・コンストラクターズ(Paragon Sports Constructors)社が敷設を担当する。
ショウ・スポーツ・ターフは競技における適性を評価する比較基準のひとつとして、レンジャーズの現在の本拠地「グローブ・ライフ・パーク」の天然芝フィールドを選び、2017年8月に同球場で一連のテストを実施。
また、同社は調査事業の一環としてオーバーン大学のキネシオロジー(運動学)の研究プロジェクトに参加し、資金も提供している。研究の目的は、異なるフィールドで選手の体がどのように反応するかを調べることで、研究結果のデータは選手の安全やパフォーマンスの最適化の実現に向けた人工芝フィールドの参考値となる。

レンジャーズのロブ・マトウィック事業運営担当エグゼクティブ・バイスプレジデントは、今回の決定は最高品質の人工芝を敷設することだけでなく、野球における最高のプレー環境を整備することが最大の目的とし、次のように話した。

「ショウ・スポーツ・ターフの担当者と最初に協議したときから、グローブ・ライフ・フィールドに人工芝を敷設する条件として、それがMLBで最高のフィールドになること、そして選手への影響に関する球団側の懸念事項がすべて払拭されることを挙げていました。
当球団の競技運営グループが考える選手の健康やパフォーマンスに関する意見も取り入れ、数ヶ月におよぶ調査を実施した結果、今回の決定に辿り着きました。
ショウ・スポーツ・ターフは、調査と製品開発に対して、これ以上ない献身的な姿勢を見せてくれました。そして、オーバーン大学での研究においても、同社は我々と同じように選手の安全を第一に考えてくれていました」

レンジャーズはショウ・スポーツ・ターフの「バッティング・ア・サウザンド・ナチュラルターフ(Batting a Thousand' Natural Turf=B1Kナチュラル)」を採用する予定で、同製品はジオフィル(Geofill)と呼ばれる持続可能な自然素材のインフィルを敷き詰めることで知られる。ジオフィルはヤシの殻や繊維で出来ており、再生可能資源としても優良だ。
天然芝に比べて維持に必要な水の量は少なく、水の保全の点においても優れている。レンジャーズも、B1Kナチュラルを採用した理由のひとつとして、同球団が重要視している製品の環境への負荷と持続可能性という点での優位性を挙げている。

選手にとって最も重要となる競技面での適性については、データ分析ツールを使ってフィールドの調整を行なうことで対応。なお、グローブ・ライフ・フィールドに敷設される人工芝フィールドは、レンジャーズ独自の要件を満たすカスタム仕様となる。

ショウ・スポーツ・ターフのチャック・マクラーグ副社長は、今回の製品導入について次のように話した。

「テキサス・レンジャーズは高い見識を備えており、何事も慎重に決定する球団です。特に芝の敷設は球団にとって重要な決定事項でした。結果的に、当社がレンジャーズの新ボールパークのプロジェクトに参加することが決まり、非常に楽しみです。
レンジャーズは調査や当社との協議の中で、常に選手の安全とチームのパフォーマンスを最重要視していました。当社が提供する芝製品は、現在のMLBで最高品質といわれる天然芝にも劣らない高いクオリティを持つものだと断言できます」

今回の決定により、テキサス・レンジャーズはMLB全30球団のうち、人工芝を導入する4番目の球団となる。2018年10月には、フェニックス地方の気候が原因で、本拠地「チェイス・フィールド」の天然芝養生に苦しんできたアリゾナ・ダイヤモンドバックスが人工芝への変更を決断した。

なお、トロント・ブルージェイズのロジャース・センター(1989年開場)とタンパベイ・レイズのトロピカーナ・フィールド(1998年開場)は、それぞれオープン時から人工芝を導入している。


 更新情報

2020.1.17 MLBへのGeofill導入事例を紹介しました。
2020.1.15 リンクページが更新されました。
2019.12.27 YouTubeが更新されました。
2019.12.27 施工実績(競技場)ページが更新されました。
2019.10.10 施工実績(施設)ページが更新されました。
2019.8.9 施工実績(住宅向け)ページが更新されました。
2019.8.2 新商品ページが更新されました。

NEWS! 

先日、アメリカ政府より、充填材に含まれるゴムチップの発ガン性への言及がありましたが、Geofill(ジオフィル)は天然素材で作られておりますので安心してお使い頂けます!
詳しいニュースについてご存じない方は以下のURLからご確認ください。

↓ ↓ ↓ こちら ↓ ↓ ↓

https://www.j-cast.com/healthcare/2016/02/27259728.html?p=all


!重要なお知らせ!
アメリカ政府がゴムチップ人工芝の発がん性の関連について、ほぼ認めるというニュースがありますが弊社の充填材は、ココヤシが原料の100%天然素材の充填材を使用しており、ゴムチップは一切使用しておりません。よって、安心してご使用頂けます。
 
CeRTES(スポーツ人工芝研究センター)による認定書

CERTES - GEOFILL和訳HP用 -_edited-3.jpg

KTR調査機関による報告書

           化学検査結果(韓国)1.jpg               化学検査1.jpg

この他にも資料があります。以下の”詳しくはこちら”からご覧ください。

詳しくはこちら


FIFA公認、セリエAをはじめ様々な協議の認定を所得

国際サッカー連盟(FIFA)認定の本格人工芝で、競技場としての耐用年数10年の実績があります。また温度の上昇抑制、摩擦やけどの防止や悪臭もなくほぼ天然芝と同様の使用感です。

今までにない天然芝のような見た目と使用感

世界特許取得のジオフィルを使用しています。(天然素材100%の充填材)


明大.jpg
メジャーリーグ使用フィールドが日本初導入!