広島本社 
〒731-3165 
広島市安佐南区伴中央5-16-19
TEL:082-848-8448 FAX:082-849-2273 

東京支社
〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目14-12銀座第1ビル2F
TEL:03-3542-8333 FAX:03-3542-8338 


go_english.png

ホーム > リンク > 研修報告
16_01.jpg16_03.jpg16_04.jpg16_02.jpg16_05.jpg

イタリア本社研修

イタリア到着して次の日、Italgreen本社研修が行われました。

まず、目をひいたのは、キレイに作られたサンプル。

DSC_1464.jpg

この後、人工芝の基本から新商品について、さらには今後のItalgreenの戦略までみっちりと教えていただきました。

P1210825.jpg

勉強会の内容を一部ご紹介すると…

P1210863 (1).jpg

人工芝の製造は『糸の種類』『DTEX』『厚み』『ステッチ数』『パイル高さ』『パイルの形』これら6つの要素について研究を重ねながら行われているとのこと。

その中でも興味深かったのは、一般的に人工芝はDTEXが高い方が良い製品であると認識されているが、DTEXが多少低くてもステッチ数を多くすることで、さらに密度が高まり、強度も増し、品質が良くなる。という内容でした。

また本社近くの工場では、どのようにして人工芝が作られているのかを実際に見ることができ、大変勉強になりました。

DSC_1557.jpg

そして今回はなんと…!

Geofillをはじめ、天然素材の充填材が作られている工場の見学もさせていただくことができました!!

改めて、かなり手間暇をかけて作られていることを実感しました。

その中でも、Geofillの神様と言われている開発者のロベルトさんが突如Geofillを服の上からこすりつけた際には一同衝撃が走りましたが、不純物を限りなく0まで取り除いているため、湿気が少しの間残る事があってもGeofillの繊維が残ることはないと説明いただきました。実際に、他のイタリアの役員の方もGeofillをこすりつけられていましたが、しばらくするとどこにGeofillをこすりつけたか分からない状態になっていました。

この後もGeofillについての勉強会が行われました…!

DSC_2505.jpg

勉強会の後は、ピサの斜塔にも連れていっていただきました。

 IMG_20190516_183641 (1).jpgDSC_2610.jpg

HPで紹介しきれなかったイタリア研修旅行の様子は、弊社インスタグラムに掲載中です。そちらも合わせてご覧ください!!

【弊社Instagramアカウント】https://www.instagram.com/risegreenturf/


海外フィールド見学 2019年5月

今回のイタリア滞在では本社研修に加え、4箇所のフィールドを訪問することができました。

まず1つ目。

アレッサンドリアにあるCentogrigio Sport Centerを訪問。

DSC_1962.jpg

スポーツセンターというだけあって、サッカーをはじめ様々なスポーツの人工芝フィールドがありました。

DSC_1966.jpg

 ↑こちらは、施工から3~4年のフィールドです。1日平均6~8時間の使用でこの様子です。

 DSC_2016.jpg

↑Double4が使用されているフィールドです。


2箇所目は、

弊社社員の中でも、ずっと念願だったJuventus Training Centerへ訪問することができました…!

DSC_2048.jpg

DSC_2051.jpg

P1220030.jpg

こちらの施設では、天然芝もしくはItalgreenの人工芝しか入っておりません。

P1220043.jpg

 

DSC_2055.jpg

↑こちらのフィールドは、施工から5年たっていますが、1つ目で見た施工から3~4年のフィールドと比較しても踏み心地が非常に柔らかく、一目で衝撃吸収性が高いことを実感しました。では何故、施工年数が長い方のフィールドが柔らかく感じるのか。その答えは、メンテナンスです。定期的にメンテナンスを行うことで、施工したての頃の使用感を維持させることができるのです。

DSC_2077.jpg 

↑そしてこの光景。一見普通の光景に思えますが、充填材に廃材ゴムチップを使用していないから、出来ることなのです。ゴムチップ充填材が充填されているフィールドに水撒きをすると、さらに表面温度が上昇してしまいますが、Geofillの場合、水撒きをすることで表面温度を下げることが出来ます。選手たちも心地よくプレーできるに違いありません。

3箇所目、Novaraのホームスタジアムです。

novara 2017.jpg novara 2019.jpg

【2年前】

【2019年5月】


 こちらは以前2~3年前にも訪問したフィールドですが、比べてみてどうでしょう?今年で施工から10年とのこと。変わらずきれいな景観を保てているのも、メンテナンスの賜物です。このフィールドは公式試合が行われるフィールドです。

今回は、特別にロッカールーム内も見せて頂けました。

P1220136.jpg

IMG_20190515_155252.jpg

DSC_2180.jpg

 

IMG_20190515_155242.jpg

4箇所目Fedrazione Italiana Giuoco Calcio Settone Technico

DSC_2422.jpg

P1220239.jpg

サッカーイタリア代表が練習に使用するナショナルトレーニングセンターです。代表選手はここで練習、食事、宿泊の全てを行うそうです。こういった施設は、世界でイタリアが初めて作ったとのこと。こちらの施設にあるフィールドは、天然のカテゴリーに入るものしかないそうです。

DSC_2444.jpg

写真はFIFA QUALITY PROの認定を受けているフィールドです。100%天然素材から作られている充填材の新商品BiogroundおよびBiosandが使われています。BiogroundとBiosandを使用する最大のメリットは、何らかの理由によって、やはり天然芝のフィールドに戻したい。となった際に、今ある人工芝の上から直接天然芝を張り替えることができるのです!

↓実際に同じシステムだった隣のフィールドに天然芝を敷設されたものも見ました。この下に先ほどの人工芝があるとは思えないくらい自然です。

DSC_2448.jpg

P1220230.jpg

フィールド脇に歴史的な石があるフィールドもありました。その土地の歴史を尊重し、取り除くことをしないそうです。その他にもかつて有名だった選手が練習に使用していた壁が残されていたりと、歴史との共存がなされていて素敵です。

今回のイタリア研修では4箇所に渡って、一般的に使用されるフィールドから公式試合で使用されるフィールドまで、様々なフィールドを見学することが出来ました。またフィールド訪問・見学できた際には、アップしていきますね!

Italgreen本社研修も近々アップ予定です。こうご期待!


海外フィールド見学

この度、弊社スタッフが海外で施工されたItalgreenフィールドを見学してきました!今回は、その見学の様子を少し紹介します。

最初に訪れたのは、コンコレッツオフィールド。
こちらは、イタリアのパブリックフィールド(一般の方が利用可能なフィールド)です。

写真で見て頂いても分かる通り、パブリックフィールドとは思えないほどきれいですね。
このコンコレッツオフィールドでは、イベントなどが定期的に行われています。 

17499308_1699600737005846_5717881258314623596_n.jpg

次に訪れたのは、ノヴァ―ラスタジアムです!
このスタジアムは、Italgreen社が初めてFIFAの認定をとったフィールドなのですが、驚くべきはこの経過年数です。 

この景観で、施工から8年経過しています。そして、施工から8年経っている今でもFIFA公認フィールドとして公式試合が行われています。施工から8年経過したフィールドでFIFAの公認がもらえるフィールドはなかなかありません。製品のクオリティーの高さに加えて丁寧なメンテナンスがフィールドの寿命をのばす良い事例です。

ノヴァ―ラスタジアム周辺には、選手が快適に過ごせるよう、様々な施設がありました。

こちらは特殊なトレーニングも行えるトレーニングセンターです。

17553397_1699601043672482_1126840464166702097_n.jpg

敷地内にはレストランも併設されています。

17426163_1699601080339145_3359508665835640525_n.jpg

最後にブランバーテのフィールドへ行きました。
こちらは、新商品Double4を使用した最新のフィールドです。

新商品Double4についても、また近々アップ予定です。

!cid_26F5365D-0D3F-4B7F-8EF6-412C5D2EE929.jpg

Italgreen社は、これらのフィールド以外にもユベントス、キエーヴォヴェローナなどのトレーニングピッチなども施工しています!今回は残念ながら訪問出来ませんでしたが、また訪問した際には、様子をアップしていきますね。

 


Italgreen Turf (イタルグリーンターフ) 競技場

最新施工情報

グローバルアリーナ内イタルグリーンフィールド

ラグビーワールドカップ2019日本大会の興奮も冷めやらぬ中、RISE Corporationでは現在、福岡県宗像市にあるグローバルアリーナ内にItalgreenの人工芝を使用したラグビーフィールドを施工中です!
今回特別に、施工途中の写真をお届けします。

施工写真.jpg施工写真 (1).jpg

作業はとても順調な様子。
出来上がりが楽しみです!

続きましては、職人のご紹介!

イタリア施工職人紹介 (1).jpg

左からFabrizio Consertoさん、リーダーのAngelo Puleoさん、Eugenio Murabitoさん

イタリア・シチリア島より来ていただき、今回の施工をサポートしてくださってます。このお三方のおかげもあり、施工も順調に進んでおります!また写真が入手でき次第、施工の様子もお伝えいたします。

【11月22日更新】

本日お届けしますのは、人工芝にラグビーやサッカーのコートのラインを入れる作業と、ロゴ(文字)を入れる作業です。
まずはラインを入れる作業。

ラインロゴ.jpg

ラインは緑の人工芝にあらかじめ入っているわけではなく、緑一色の人工芝からライン幅分を切り取り、そこに白色や青色の人工芝をライン状にカットしたものをはめ込んでいくのです。
センターサークルのような円の部分も専用の道具を使ってきれいにRを描いて作っていきます。

続いてロゴ(文字)を入れる作業。

ラインロゴ (1).jpg

ロゴも一文字一文字カットしてはめ込んでいきます。
まるで1枚の芝で出来上がってるかのような仕上がりですよね!

イタリアからの強力な援軍のおかげもあり、施工は終盤にさしかかっているようです。

【12月6日更新】

2019年11月29日(金) SANIX・Italgreenフィールドが完工いたしました!
完成間近~完成までのお写真がこちらです。

完成間近~完成rev.jpg

【12/27更新】

弊社公式YouTubeにグローバルアリーナの施工の様子をまとめた動画をアップしております。是非ご覧ください。

施工実績へ戻る